IT情報局
IT情報局 > 仕事に便利なサイト > フローチャート、ネットワーク図が描けるオンラインサイトまとめ

フローチャート、ネットワーク図が描けるオンラインサイトまとめ


ネットワーク図やフローチャートを描くソフトは、マイクロソフトのVisioが有名ですが、 中小企業でちょっとだけ図を描きたい場合にVisioを購入するのはちょっともったいないですね。下記で紹介するサイトは、ネットワーク図やフローチャート、などの作図をするのに便利なサイトです。保存できる形式や無料で使える条件が各サイトで異なりますので一番使いやすいサイトを見つけてください。




 

フローチャート、ネットワーク図が描けるオンラインサイト

Google Docs Drawing

Googleドキュメントで使用できるツールの一つでフローチャートやネットワーク図を描くことができます。シンプルに図面を描くことができますがシンプルな分、直感的に作図することができます。 特にサイズや図面の数などの制限もありません。単純な図でいい場合はかなり重宝します。

http://www.google.com/google-d-s/drawings/

Cacoo

日本製のオンラインドローツールです。機能が豊富で図形も標準で多く、さらに新しい図形なども購入することができます。無料版とアップグレード版があり、25枚の枚数制限、出力方式(無料版ではPNGのみ)、図の履歴表示などの有無など使える機能に違いがあります。

https://cacoo.com/

bubbl

四角形のオブジェクトで関係図を描くだけのシンプルなオンラインドローツールで、他の図形などは描画できません。別の図形などはない分、簡単な関係図を書くだけなら、すばやく描くことができます。日本語も特に問題なく使用できます。

https://bubbl.us/

LucidChart

ダイアグラムを描くためのドローツールで、UML図、ネットワークダイアグラム、マインドマップ、サイトマップ、フローチャート、ネットワーク図など 様々な図を描くことができます。ファイルの保存やダウンロードはできませんが、ユーザー登録をしなくとも図を作る操作などを行うことは可能です。

http://www.lucidchart.com/

Creately

いろいろな図形を自由にレイアウトできるドローツールで、フローチャートやネットワーク図などの様々な用途に使用できます。フリー版ではプロジェクトが一つしか使用できないなどの制限があります。 日本語の入力関連はあまり考慮されていないようで、入力は一応できますがバグで表示されないなどの問題があるので注意が必要です。

http://creately.com/

LoveryCharts

フローチャート、ダイアグラム、ネットワーク図、関係図なども描けるドローツールで、 オンラインで描けるWeb版のほかに、デスクトップPC版、iPad版などもあります。デスクトップ版では、SWFファイルのインポートやライブラリの共有、多彩なエフェクトの使用など多くの機能があります。

http://www.lovelycharts.com/web

SlickPlan

サイトマップやフローチャートを描くドローツールです。自由にレイアウトできるわけではなく、 きまった形式にしか描画できません。ホームページのサイトマップなどには使えそうです。Visoで使えるVDX形式で出力できるのは他にない機能です。ただし表示では日本語が使えますが出力の際に文字化けしてしまうのが残念です。

http://www.slickplan.com/



キーワード