中小企業のためのコンピュータ活用を応援!
mail:メールアドレス

企業ブログを成功させるには

作成:2012年2月9日


ビジネスブログは失敗する?
中小企業でビジネスブログを始めてみたのはいいが「読者がほとんどいない」、 「つくったのはいいがほったらかしだ」、「ただ書いているだけでなんの目的も果たしていない」など、外からみても失敗といえる事例をとてもよく聞きます。
では、会社が行うビジネスブログとはなにを書くべきで、結果的にどうなれば成功といえるのでしょうか?
失敗してしまう理由
まずは、ビジネスブログが失敗してしまう理由から考えていきましょう。よくある失敗例としては、以下のものがあります。
ネタがなく途中で挫折
一番よくある例です。最初は意気込んで毎日更新しますが、そのうち考えるのも面倒になるケースです。
時間がなく更新できない
時間がないということはありえません。ブログを書く優先順位を下にしているためでしょう。
目的と実際の読者が違う
商品やサービスを売りたいのに、内容が日記のようなものばかりなので常連の読者しか近寄らないケースなど。
目的が定まっていない
日記を書いたり、興味のあることを探してきたりととにかく更新だけにこだわると、あれもこれものブログになってしまいます。
書いてはいるけどアクセスがない
内輪ネタだったり、記事に誰も興味をもたないパターンです。検索されるワードもほとんどないと思われます。
始めになにを考えるべきか
ビジネスブログを始める前に、「ブログは必要か」、「なぜブログを始めるのか」、「誰に見てもらいたいのか」、「結果的にどうなりたいのか」を明確にするべきです。
ブログにはホームページとは違う魅力がありますが、対外的な宣伝や情報はホームページで十分です。無理にブログを始めてイメージが悪くなるぐらいなら今の会社のホームページに労力を傾けたほうがいいのかもしれません。
しかし、やはりブログにはホームページとは違った魅力があるのも事実です。ブログにできること、ホームページでいいことをきちんと把握してからビジネスブログを始めましょう。
ビジネスブログの目的
ビジネスブログを行う目的は、その企業によって異なります。ビジネスブログの目的として多いのは、
1.商品を紹介して見込み客を開拓したい
2.既存の顧客とのコミュニケーションをとりたい
3.新規の顧客に会社のイメージを伝えて敷居を低くしたい
4.企業風土を公開して、雇用に結び付けたい
5.公式ページのSEO対策としてナチュラルリンクを集めたい
6.対外的に会社の良いイメージをブログで伝えたい
などです。自社でブログを行う目的を明確にして、それに合った情報を発信していけば失敗は少なくなるでしょう。
支持されるビジネスブログのネタ
ブログに来てくれた読者が興味をもってくれる記事とはどういうものでしょうか。 以下のようなものが、企業への興味を惹きつける可能性のある記事ではないでしょうか。
出し惜しみをしない
インターネットには数多くの情報があふれています。当然、ほとんどの情報は検索すればでてきます。 しかし、検索でも知りえないノウハウや商品、サービスの詳細な情報、現場の苦労の声やこだわった点など はとても興味を持ってもらえます。
コミュニケーションがある
今やブログでコミュニケーションは多くありませんが、コメント欄を開放している場合は、 質問や意見に誠実に回答することが必要です。 コメントへの回答を期待して多くの人が再訪問してくれるはずです。
記事に対する想いがある
文章のうまさよりも、記事に書く内容への想いに対して人は動かされます。 写真や図解で丁寧に説明するなど、手間を惜しまないことが読者をひきつけるでしょう。
価値のあるネタはどうやって探す?
読者の興味を惹きつける方法はわかったとしても、ではそのネタはどうやって探せばいいのでしょうか。
実は、多くの記事はすでに書き手の中に隠れているのです。その業界に数年いれば業界の人にしか わからないコツ、おもしろいネタなどはたくさんあるはずです。
それでも思いつかないときには、業界以外の家族や友人に知りたいことを聞けばいいのです。 例えば、2ちゃんねるでも人気のある記事「○○だけど質問ある?」というスレッドがまさにそうです。
一般の人は業界の内部のことや裏話に興味津々なのです。
働く人たちが答える「質問ある?」スレまとめ - NAVER
SEO対策にはなるか?
最近のSEO対策はリンクも重要ですが、コンテンツの中身がもっとも重要になるといわれています。
魅力的な記事を書けば、ツイッターやフェースブックで気軽に紹介され、自然にリンクも集まります。 ブログにリンクパワーが集まれば、会社の公式ホームページにもいい影響が及ぶでしょう。
更新はどの程度すればいいか
ブログをはじめたからには、少なくとも1週間に1、2度は更新したいものです。
更新が多すぎると、担当者が疲れてしまい、少なすぎると読者が見限ってしまいます。 ただし、記事にするネタが豊富にあるという会社ではこの限りではありません。
公開する前にチェックが望ましい
実際にブログを初めて公開する前には、できれば社外の人にチェックしてもらいましょう。
口調が悪くて読者を不快な気持ちにさせたり、内容が完全に内輪ネタばかりで社外の人間にはまったく面白くもないといったことは多々あります。
内容のほかにも全体の雰囲気が悪すぎたり、ゴチャゴチャしすぎて見づらかったりと見るべきところはたくさんあるので、 第三者の意見に真摯に耳を傾けてください。
おわりに
ビジネスブログは、目的とそれに合った方針で情報を発信すると企業にとって強力なツールになることは確かです。
細かいことをいろいろ書きましたが、提供する企業側もアクセスしてくれた読者もお互いが有益になるようなブログを目指せば、企業ブログが失敗することはほとんどないでしょう。